Home » Daughter of emotion and Weather forecaster by hirayamatakashi
Daughter of emotion and Weather forecaster hirayamatakashi

Daughter of emotion and Weather forecaster

hirayamatakashi

Published June 6th 2014
ISBN :
Kindle Edition
27 pages
Enter the sum

 About the Book 

字数:16000字ジャンル:SF的あらすじ:天方象介は気象予報士として毎日の天候を予測している。その際重要なことは大気の観測データよりも、感情娘の観測データ、すなわち悲哀度、憤怒度、冷淡度、憂鬱度、情熱度、絶望度の各数値を分析し正確な意味を掴むことだった。感情娘はもともと医療実験用に開発を意図された人造人間だったが、その開発途上でミスが起きた。そして原因不明ながら、人造人間の感情が実際の気象に影響をもたらすようになった。気象庁はこの人造人間を「感情娘」と命名し、気象庁内部の部屋に軟禁し、More字数:16000字ジャンル:SF的あらすじ:天方象介は気象予報士として毎日の天候を予測している。その際重要なことは大気の観測データよりも、感情娘の観測データ、すなわち悲哀度、憤怒度、冷淡度、憂鬱度、情熱度、絶望度の各数値を分析し正確な意味を掴むことだった。感情娘はもともと医療実験用に開発を意図された人造人間だったが、その開発途上でミスが起きた。そして原因不明ながら、人造人間の感情が実際の気象に影響をもたらすようになった。気象庁はこの人造人間を「感情娘」と命名し、気象庁内部の部屋に軟禁し、感情のデータを測り全国に送り始めた。やがて気象庁は、逆に感情娘をコントロールして、日本の気象を管理下に置き、天災などを未然に防ぐという今後の方針を打ち出した。 そのとき、高度な予報的中率を誇る天方が重役の目に止まった。